話し方教室東京 コラム|トラックドライバーと運行管理者の良好なコミュニケーションが離職率を減らす!

トラックドライバーの離職の原因は?

フリート・オーナーは8月7日、トラックドライバーと運行管理者の良好な関係が、ドライバーの離職率を減らす効果があるというアドバイスを掲載。コミュニケーションは初期段階が鍵だと述べている。

運行管理者との良好な「関係」が離職を減らす

アメリカトラック協会によると、昨年第3四半期のドライバーの離職率は95%。そのうち70%は初年度で、35%はわずか3ヶ月で辞職したと報告している。

ドライバー業界に特化し調査・分析などを行っているステイ・メトリクスは、100以上の運送会社、62,000人のドライバーにアンケートを実施。すると運行管理者への満足度が、トラックドライバーの離職率を15.8%減少させることが明らかになった。

ドライバーと運行管理者双方へのコミュニケーション訓練を

同記事では、両者のコミュニケーションスキル・トレーニングを検討するようにすすめている。それによって、新しいドライバーの不満の兆候などを認識することが可能になり、問題の早期解決と離職率の減少につながるとしている。

特にミレニアル世代は多くの人が持つ先入観とは対照的に、ベビーブーマーのドライバーよりも留まる可能性が高いという。新しく雇用したドライバーと運行管理者間のコミュニケーションの対策を講じることが重要だと指摘している。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会