話し方教室「効率的なコミュニケーションの実現を妨げるものとは?」(話し方ニュース東京)

リーダーに求められる効率的なコミュニケーション・スキル

プロジェクト・リーダーなどは、成功に導くために効率的なコミュニケーションをすることが求められる。その妨げになるものを認識、改善をするために、ビッキー・ウェブスター氏とマーチン・ウェブスター氏が、「リーダーシップ・ソーツ」の2月17日の記事で紹介した。

何を言うべきなのか、そして適切な「とき」も分からない場合は、しっかりとしたメッセージが相手に伝わらない。明確なメッセージを相手に伝えるために、対面でコミュニケーションをとる方法も選択するべきだ。

認識に「ズレ」はないか、コミュニケーションに集中できるか

プロジェクトなどにおける目的や、ゴールに関する認識の「ズレ」が、効率的なコミュニケーションの妨げになることもある。また、騒がしくてコミュニケーションに集中できないときは、環境の改善も必要になってくるだろう。

更に、社内でメッセージなどを伝達する方法が長くなっており、最終的に異なる内容が伝わることもある。可能な限り短い連絡網を構築し改善に努めることも必要と言える。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ニュース・スタッフ委員会