話し方教室「危機を回避するビジネス・コミュニケーションの方法とは?」

危機的状況下でのコミュニケーションは、感情を含めた対応を

会社が危機的な状況に陥った場合に、いかにして情報を発信するのか、コミュニケーション能力などが試される。そんな危機を回避するコミュニケーションの方法などを、2018年8月のデロイトの記事で紹介している。

誰しも機械ではなく、人間であるため、感情を含めた対応をしなければならない。

声のトーンに気をつけ、悲しみやショックなどを表現し、聴衆の感情も気にしながら話すことで、会社の評価や、立ち直りにもつながっていく。

説明責任を果たし、有言実行で会社の信頼を回復する

また、会社の様々な部署などと連携し、新たな情報を常にインプットし、状況を把握するべきだ。そうすることで、最新の状況説明などができ、早期の問題解決にもつながると言える。

あなたが行動を起こしたことに関して、全ての結果を報告、進捗を伝えていくことで、会社としての信頼が得られる。

説明責任を果たし、有言実行の精神を忘れてはならない。可能であれば、柔軟な対応ができるスポークス・パーソンを決めておくと良いだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会