話し方教室「自分に必要なビジネスコミュニケーション・スキルを習得しよう!」

ビジネスコミュニケーションのスキルとは?

ビジネスコミュニケーションスキルというと、どんなものがあるのだろうか。TUKOでは、組織の人事担当者が面接や職場で日常的に目にするスキルを取り上げ、紹介している。

アクティブリスニング、ライティング、プレゼンテーション、交渉スキルなどビジネスコミュニケーションには多くのスキルがある。記事では、すべてを習得するのではなく、自分の役割や目標に合わせて選び、訓練することだとアドバイスしている(2018/09/18)。少しだけ抜粋して紹介する。

口頭で伝えるコミュニケーションスキル

学習環境を研究しているスタティスティック・ブレインによると、人間の注意力は8.25秒ととても短く、メッセージを伝える時ははっきり、簡潔に、が望ましいとしている。

口頭で伝えるコミュニケーションは言葉・聴覚・視覚の3つで構成されている。どのような言葉を選ぶかだけではなく、どのようなトーンで、どのように表現するかも大切だ。素晴らしいフレーズでも、声の大きさや高さ、ジェスチャーによって印象が変わってくるからだ。

ついでながら、ビジネスでの「対人コミュニケーション」はリーダーシップ、チームワーク、ネットワークの3つに分類される。個人間でも部門間でも、または企業間でも、ビジネスレベルに関係なく信頼関係を築くための重要なスキルだとしている。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会