話し方教室コラム-旅先で人間関係・ネットワークを構築する方法とは?

旅をしていることを知らせ、現地のコミュニティの利用を

旅行者として旅行先でネットワークの構築をしていくことは、個人的&職業的な成長にもつながるため、非常に重要なことだ。事業や友人、同僚のネットワーク拡大も図ることができる。では、どのようにして旅先でネットワーキングを図っていくのか、その方法をニライ・マハンティー氏がオーナーズ・マガジンの記事で紹介している。

まずは、どこを旅しているのか、滞在先の人に知らせなければ何も始まらない。SNSや電話、メールなど様々な方法で、場所や日時を伝えるべきだ。

また、現地の人と交流するために、コミュニティを活用し、あなたの考えやアイデアに賛同する人と、コミュニケーションをする場を設けると良いだろう。現地の友人と連絡をとり、助けを求めるのも一つの手だ。

コーワーキングスペースなどで現地のビジネスパーソンと交流する

また、多くの都市にはコーワーキングスペースがあるため、そこに自ら足を運び、起業家などとコミュニケーションの機会を持つことも、大きなネットワーキングとなる。特に外国という馴染みのないところで、人々が1点に集まるコーワーキングスペースなどは、ネットワークを拡大する絶好の場所となるだろう。

旅をする前に、現地で開催される予定のネットワーキングイベントについて調べ、積極的に参加するようにしたい。そうすることで、様々な人と会話ができ、名刺の交換なども可能だ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会