話し方教室コラム-ビジネスに求められる効率的コミュニケーションのコツ

第一印象に注意して、シンプルで短いメッセージを

ビジネスにおけるセールスやマーケティングの分野に関わらず、コミュニケーションは必要不可欠なものだ。ビジネスでは、より効率的なコミュニケーションが求められるが、どの分野においても共通して気をつけておきたいことを、ジル・ラッシュ氏が11月27日のラッシュ・マーケティングの記事で紹介している。

まず、コミュニケーションで与える最初の印象は、最後まで続くと認識しておくべきだ。例えば、適当に済ますのではなく、しっかりと2秒から3秒の握手をするほうが、相手に良い印象が与えられる。

また、現在取り組んでいるビジネスのことなど、誰でも話すべきストーリーを持っているはずだ。相手に伝わるように、メッセージをシンプルに短くまとめて話すと良いだろう。

ビジネスでは、相手と自分のコミュニケーションの目的を知り会話する

オーディエンスや顧客、見込み客であれ、なぜ相手がそこにいてあなたとコミュニケーションをとっているのかを考えるべきだ。相手がなぜ競合他社などではなく、あなたと話していて、何を求めているのかも分かれば、より明確な目的を持ってコミュニケーションがとれるようになる。

また、そのコミュニケーションの結果として何が得たいのかを決めて、会話に臨むことで、時間を無駄にすることなく、より効率的に話を進めることが可能だ。

■ 記事関連・話し方講座/営業,セールス専門・話し方教室

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院/ビジネスコミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会