話し方教室コラム-職場のコミュニケーションを改善するヒント

ミーティングを定期的に実施、いつでも誰とでも話せる環境を

マネージャーや事業主は、職場での効率的なコミュニケーションの実践は重要であると理解しているものの、既存の環境をいかに変えたらよいのか分からない場合も多い。そこで、簡単に実践・採用できる方法を、ニューヨーク・ニアセイが記事で紹介している。

まずは、いつでも最新の情報などを共有、疑問の解消などができるミーティングを欠かさずに行うことだ。複数人、1体1、どんな形であれ定期的に行うことで、常につながりを持つことができる。リモートワーカーがいる場合は、映像音声通話などを用いると良いだろう。

アイデアの共有やプライベートなど、話したいと思ったときに、いつでも従業員がマネージャーや事業主にアクセスできる環境を構築しておく必要がある。相手を尊重し、秘密厳守であることもしっかりと示しておくと良い。

関係を良くするために、イベントやチャット・サービス利用も

社内でのコミュニケーションを促進するには、雰囲気も大切。互いの関係性を改善するために、月に1回ボウリングやカラオケなどに出かける機会を作るべきだ。

また、オフィスへ入らずに簡単に連絡のやり取りができるオンラインチャット・サービスなど、ツールの導入もコミュニケーションを改善する1つの方法だ。プロジェクトなどに関する疑問などを簡単に質問でき、より互いの快適性の改善にもつながっていくだろう。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院/職場コミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会