話し方教室 コラム-ビジネスチームのコミュニケーションを改善する!

チームのコミュニケーションを生み出す

ビジネスチームでうまくコミュニケーションが取れていると、スタッフ間の士気が上がり、世代や性別、文化的な違いを克服してチームが結束する。その結果、生産性も向上していく。

だがコミュニケーションが自然発生するのを待っているのではなく、より良いチームを作るようなコミュニケーションを生み出す努力をするべきだと、REPでは述べている。では、いったいどうしたら良いのだろうか。

コミュニケーション・トレーニングに投資する

まず専門的なトレーニングをするという選択もある。

新しいスタッフの入社時にはコミュニケーションを取るためのトレーニングもするが、それ以外も時折取り入れてスタッフ同士が互いを理解し合うことは重要である。

このトレーニングに投資することは、企業にとって価値あるものだと言うことを忘れるべきではない。

リーダーは、スタッフに敬意をもちオープンコミュニケーションを

そしてもっと身近なことからも、コミュニケーションアップを図っていくようにする。

リーダーは、スタッフの趣味やジョークなど小さな話題に参加することから、信頼を築くことができるのである。単なる挨拶と仕事以外にスタッフに関心を持つことで、スタッフを理解することができ、チームがより密接につながることができるのである。

またスタッフと話す時は、決してないがしろな態度は取らないようにする。常に相手を思っていることを示すように意識して、誤解を与えるような態度はしないことである。コミュニケーションの中心に、尊敬があるということが重要なのである。

調査によると、コミュニケーションを強く意識している企業は、業績に反映されていると言う。堅実でオープンなコミュニケーションによって周りから尊敬を受けていると感じるスタッフは、会社やリーダーに忠実であり、かつ革新的に仕事をこなしていくものなのである。

■記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院/ビジネスコミュニケーション/話し方スタッフ委員会