話し方教室東京 コラム-リモートワークでのコミュニケーション問題を解決する!

リモートワークでのコミュニケーションの課題とは

リモートワークをしている人のコミュニケーションについて、専門家のアドバイスをファースト・カンパニーが掲載。視覚的な制限を受ける会話で注意したいポイントなどの解説している。

リモートワークの課題は、人とのコミュニケーションだ。ビジネスコンサルタントのミカエル・アドルノ氏は、上司や同僚など1対1のコミュニケーション能力を向上させる方法を解説している。

ここでは、活用するチャネルとして電話に焦点を絞っている。ボディランゲージや表情などが見えないため、視覚的な制限を受けるが、聴覚と会話を磨くことができるという。

コミュニケーションの頻度を増やし電話の声に集中する

まずはこまめなやり取りを行うこと。過剰と捉えがちだが、コミュニケーションに時間を割くことで、相手の気持ち、要望、目標などを明確にすることができる。

回数が増える分、会話はポイントを簡潔にまとめ、直接的、断定的な表現が望ましいとしている。これは書面でも、対面コミュニケーションでも同様のことがいえる。

また注意して聞くことで、声のトーン、口調などから相手の気持ちを読み取ることができるようになる。

そして相手に明確に自信を持って伝えるためには、身体的存在感が必要だという。これは通話中に立つ、動くなどして自身の存在を確認することで、声にも変化が現れるとしている。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会