話し方教室 コラム-職場のミスコミュニケーションをなくす注意点

職場のコミュニケーションで注意することは?

職場では異なる役割や性格の人が働いており、ミスコミュニケーションを起こすと誤解が誤解を招き、損失につながってしまう。スマートブリーフでは、職場で実践したいコミュニケーションについてのヒントをあげている。

今日の研究では、多様な職場が生産性と創造性を高めることが示されているが、一方で多様性は、コミュニケーションの誤りにつながる可能性もある。コミュニケーションにおいて注意すべきポイントを知っておく必要があるだろう。

相手の理解度や注意度に合わせたコミュニケーションを

1つは、様々なモードで知らせること。職場での連絡は、初めて耳にする人、すでに聞いている、あるいは予測できる人、書面によるフォローアップが必要な人など、部署や仕事内容などによって理解度が異なる。ワンパターンの連絡手段だけでは伝わらないことを理解し、相手に合わせた配慮が必要だ。

もう1つは、コミュニケーションに責任を持たせること。伝えるべき相手に伝わっているのか、理解できているのかを確認してもらう。後から、「分かっていると思った」という言い訳はできないようにしたい。

そして最後に、メールを効果的に利用すること。分かりやすい件名、簡潔な内容と理由で、相手の注意を促す。送信相手が同じでも業務内容が異なる場合は、その都度件名を変更すること。

■記事関連・話し方講座/職業人必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

話し方教室,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室コラム・スタッフ委員会 提供