話し方教室 コラム-顧客とのコミュニケーションの在り方を改善する!

顧客に対して曖昧な話し方をしないこと

顧客はあらゆるビジネスで重要な存在であり、会社が存続していくためにも、良好なコミュニケーションをとっていくべきだ。ではいかにして、顧客とのコミュニケーションの在り方を改善していくのか、そのポイントをウェブサイツ・アー・ユーエスが記事の中で紹介している。

まず、顧客を不安にさせ信頼性を欠く「私は〜だと思います。」などといった不明確な言葉を使用しないように心がけるべきだ。その時点で分からない場合は、のちに情報提供することを伝え、曖昧な情報発信を避けると良い。

顧客の話を最後まで聞いてから提案をすること

顧客とコミュニケーションをとるときには、話を最後までしっかりと聞いてから、解決策などを提案するようにしたい。そうすることで、相手に興味があると示すことができ、よりスムーズな会話が可能となる。

また、遠回しな表現などをして、分かりづらい話し方をすると、顧客に包み隠しているような印象を与えてしまうため避けるべきだ。これらのことに注意を払ってコミュニケーションをとれば、誠実な対応をしてくれていると感じてもらえるだろう。

■記事関連・話し方講座/職業人必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

話し方教室,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室コラム・スタッフ委員会 提供