話し方教室 コラム-より良いコミュニケーターになるコツは?

話し方・伝え方と聞き方を改善する

何かを言うことは、その言い方が重要であり、プロセスをしっかりと理解することで効率的なコミュニケーションが可能となる。では、どうしたらそれらを改善することができるのか、ナンシー・アルペルン氏がフェアリー・ゴッド・ボスの記事で紹介している。

まずは、相手のことを調べるのではなく、興味のあることを質問して関係性を深めることが大切だ。話を深く掘り下げることは問題ないが、それが本当に興味あることなのか、考えた上でコミュニケーションを進めると良い。

また、話すだけでなく聞くことにも注力し、非言語的な部分にも注意を払うべきだ。ボディーランゲージといった非言語的な部分が、相互的にうまくマッチした状態でないと、効率的・効果的なコミュニケーションはできないからだ。

話すスピードと用語にも注意する

話すスピードやトーンなどにも気をつけて、相手が聞き取りやすく理解できるようにする。自由回答形式の質問を織り交ぜて、アイデアをできる限りシェアし合えるようにすることも大切だ。

また、専門用語の多用を避けることで、誰でも理解できるコミュニケーションが可能になる。自然で簡潔な表現を用いるように心がけよう。

■記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京/コミュニケーションスキル/話し方教室コラム・スタッフ委員会 提供