営業・セールスの話し方教室(東京)|顧客に伝わる話し方・伝え方とは?

顧客にサービスや商品をアピールする際には声のトーンを決めておく

コミュニケーションをより魅力的にするほど、人はそのサービスや商品にもっと注意を向け、それを最後まで聞き、そして覚えて、そのトピックに関する次のコミュニケーションを求める可能性が高くなる。では、そういったビジネスの利益につながる魅力的なコミュニケーション方法をするにはどうしたら良いのか、ラナ・クラーク氏がリーバの記事で紹介している。

イギリス政府は新型コロナウイルスのパンデミックに関する情報発信にあたり、俳優のマーク・ストロングを声優として抜擢した。声のトーンによって相手の注意を引き、しっかりと聞いてもらうためである。

あなたがサービスや商品をアピールする場合、「自信があり強いメッセージを伝える声のトーン」なのか、「楽しいブランドだとアピールする声のトーンなのか」、しっかりと決めて相手の注意を引くことが大切だ。また、物語や逸話などを織り交ぜることも効果的だ。

顧客へのアピールは文字だけではなく写真や図も交えて伝える

メールや記事、パワーポイントを通じて顧客などにアピールする場合、文字だけでは内容が伝わりにくくなってしまう。そのため、写真や図、関係者の写真などを交えると良い。

また、ビジネスにおいては人と人との関係性が重要になる。そのサービスがどのように顧客の生活を改善するのかなど、人間味を持たせてコミュニケーションをすることで、よりインパクトを与えることができるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/営業,セールス専門・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京/営業,セールス/話し方コラム・スタッフ委員会 提供