話し方教室東京 コラム-職場のコミュニケーションを改善し、チームワークを強化せよ!

会話や話し合いでは相手の話を聞く、相手の意見をポジティブにとらえる

「ビジネスクラウド」では「職場のコミュニケーションを改善するヒント」を掲載している。テレワークやテクノロジーの普及で働き方の構造は変化し、コミュニケーションの再考が求められている。

組織全体のコミュニケーションを改善するために注意したいこととして、会話は「譲る」ことから始めること。相手を最優先に考えることは、コラボレーションの第1歩と述べている。

話し合いを行うときは、常にポジティブな部分に焦点を当て、必要に応じて適切なアドバイスなど修正を行う必要がある。相手の意見を前向きにとらえ返答することで、相手もサポートを感じて信頼関係が構築できる。

内容の理解度や受け止め方は個人差があり、メッセージを対面で行うか、書面で行うかを検討することも大切だ。理解してもらうために、書面の前に電話でもよいから会話をする、または人によって両方を行う必要もある。

会議では結論を急がず、自分の意見がどう受け止められているかを考える

会議では、結論を急がずに質問をすることを心がける。物事を明確にしていくことで、作業が正しく行われ、チーム内の不信感や不満を回避することができる。また従業員が間違えた場合、問い詰めるのではなく状況を分析しながら建設的な話し合いを行う。

さらに自分の意見がどのように受け止められているのか、常に他者の視点を考慮する。相手への理解は共感や共通認識、目標をともにするチームワークにつながっていく。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会