話し方教室「レストラン営業で成功するための効率的コミュニケーションとは?」

キッチンでは、声を出しての意思疎通とリスニングを

レストランの営業をよりスムーズにし、高い顧客サービスを提供するには、キッチン内での効率的なコミュニケーションが必要だとして、その方法をケンャ・マカラム氏がウィーアーシェフズの6月4日の記事で紹介した。

レストランの営業をより良いものにするためには、キッチンのより良い環境の構築が非常に重要だ。いつでも声をだして意思疎通を行い、ミスなどを可能な限り減らせるため、全ての人に発言権を持たせると良い。

また、相手の話にしっかりと耳を傾け、何が起きているのか、まずはインプットをするべきだ。リスニングができることで、フロアなどキッチンの外で起きていることも把握が可能。そして相手を尊重していることも示すことができる。

注文は声に出してリピートする、批判は建設的に

ミスや誤解をなくし、より良いコミュニケーションを実現するには、注文に関することなど、耳に入った情報を声にだしてリピートすると良い。つまり繰返しだ。

また、批判をするときは、「建設的な批判」をすること。そうすると、キッチンの環境の改善に大きくつながっていく。個人のパフォーマンスの改善を批評する場合では、具体的な行動などに焦点を当て、個人的な指摘は避けるべきだ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会