話し方教室「コミュニケーションスキルを磨き、優れたコミュニケーターになる!」(話し方ニュース東京)

コミュニケーションは学ぶことが可能なスキル!

コミュニケーションは学べるスキルである。幾つかのポイントをつかめば、誰しも効率的なコミュニケーションがとれるようになるとして、その方法などをケーラ・マシューズ氏が、9月3日のライフハックの記事で紹介した。

時として人は伝えたいメッセージを複雑にして、分かりにくいことがある。学校で例えるならば、先生の教えることが、生徒に全く伝わっていない状況が、これにあたると言って良い。様々な人にとって理解しやすいメッセージを届けられるのが、優れたコミュニケーターであり、話す内容をうまくコントロールできる人物なのだ。

いつ口を開き、いつ閉ざすべきを知り効率的なコミュニケーションを

効率的なコミュニケーションがとれる人は、いつ口を開くべきなのか、そして、口を閉ざしておくべきなのかも知っている。会話がいつ求められているかを理解している上司は、無言を貫く上司よりも優れていると言える。

また、優れたコミュニケーターは、自身にその能力があるということを認識している。発している情報について熟知しており、はっきりとした表現で、明確に話すことが可能だ。自信がある話し方や姿勢は、聞き手の信頼を得ることもできるだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会