話し方コラム|会話・雑談のコミュニケーションスキルを改善する!

会話の途中では口を挟まない

最も重要なスキルの1つで学ぶことができる「コミュニケーション・スキル」。優れた「コミュニケーション・スキル」を身につけることができれば、家族や友人などと強固な関係を築けるほか、様々な問題の解決にもつながるとして、その改善方法をゾーイ・ビー氏がライフハックの7月5日の記事で紹介ている。

まずは、会話中は相手が言おうとしていることを決めつけず、話の途中で口を挟まないようにする。途中で口を挟めば、「あなたの話はどうでもいい。私の話のほうが重要だ」と言っているようなものだ。しっかりと相手を尊重する姿勢を忘れてはならない。

もし、あなたが相手の話を理解したと示したいときは、「パラフレーズ」(他の言葉で、元々の文や一節を言い換える)をすると良いだろう。

アクティブリスニングで深いコミュニケーションが可能

また、アクティブリスニング(積極的傾聴)をすれば、会話に変化をつけることも可能だ。相手の話をしっかりと理解した上で、返答や質問をするため、より深いコミュニケーションができるようになる。

さらに、アイコンタクトを維持しておけば、相手の話に興味があると示すことができるとともに、ほかのことに気をとられず、自身の集中力も削ぐことがないだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力//話し方教室ニュース・スタッフ委員会