話し方コラム|コミュニケーションスキルを改善し、良い人間関係を築く

感謝の気持を示し、ポジティブな会話を

仕事や日常生活でも、コミュニケーション・スキルが乏しいと、悪い結果につながることが多い。効率の良いコミュニケーターになるためには、何を改善したらいいのか、ロワイヤル・スクデリ氏が、ライフハックLifehackの記事で紹介している。(2018/10/16)

まず、相手に対し時間を割いてくれたことに感謝の気持ちを示し、互いに尊重し合うことで、長く良い関係性がきずけるだろう。また、生産性の高いコミュニケーションをとるためには、不平不満などを会話にはさまず、常にポジティブであることを心がける必要がある。

相手の話を傾聴し、非言語コミュニケーションに注意する

相手のあくびや、ため息、そしてアイコンタクトの少なさなど、会話の時の非言語コミュニケーションの部分にもしっかり注視しなけらばならない。ネガティブな態度が確認できるようであれば、その会話を延期するか、すぐに中断することも大切だ。

また、オープンマインドで相手の伝えたいことを理解しようと努力するべきだ。話を遮らず、しっかりと聞くことで、自分とは違った考え方のインプットができるようになる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室国際ニュース・スタッフ委員会