話し方教室東京 コラム-上司は自身のコミュニケーション能力を向上させよ!

上司は従業員との非公式な会話時間と、公式なマンツーマンでの会議時間を

ロバートハーフマネジメントリソースの調査により、従業員が最も改善できると考える上司のスキルがコミュニケーションスキルであることが分かった。上司のコミュニケーションスキルが高ければ、より会社の生産性が高められ成長にもつながるとして、その改善方法をビジネスニュースデイリーが記事で紹介している。

まず上司は会議のような公式な場ではなく、非公式な会話の時間を従業員と設けるべきだ。15分だけの短い時間であっても従業員との関係性を深めるのに役立つ。

また、1対1の会議の場を定期的に設けると仕事の報告や、従業員の抱える課題の把握にもつながる。

対話が苦手な上司なら、メンターを見つけたり、コミュニケーションスキル訓練を

難しい会話をするのが苦手な上司は、アドバイスが受けられるメンターや同僚を見つけておくと良い。プレゼンテーションなどに長けていなくても、恥ずかしがらずに関連するレッスンを受講して自身のスキルを高める努力が必要だ。

また、声のトーンに気をつけて従業員に対して威圧感を与えないようにしたい。そういった姿勢であれば、従業員もフィードバックを提供しやすくなり、よりスムーズなコミュニケーションがとれるようになる。

■ 記事関連・話し方講座/ワンランク上の話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会