会話・雑談力の話し方教室(東京)-効果的にコミュニケーションをとるためのスキル改善!

まず自己認識、そして会話に集中できる環境を

一日中話している人、人と話すのが苦手な人でもコミュニケーションスキルは改善することができる。ではいかにして効果的かつ明確にコミュニケーションをするためのスキルを身につけていくのか、サシーがシンキング アウト ラウドの記事でその方法を紹介している。

コミュニケーションをする前に、まずはあなた自身のことを知ることが大切だ。長所と短所を知る機会になり、あなたがどのように扱われたいか知ることができたら、されたら嫌なことをほかの人にしなくなる。

また、職場の同僚や家族、そしてパートナーと話しているときでもモバイルデバイスなどの電源を切って、相手との会話に集中するべきだ。手帳などを用いて、コミュニケーションの時間をしっかりと設けておくと良い。

適切なコミュニケーション媒体を選択し、相手の話を傾聴して理解に努める

電話やテキストメッセージによるコミュニケーションは便利だと思いがちだが、顔を合わせて話すよりも時間がかかる場合がある。想像よりも感情的なエネルギーを消費することもあるため、可能な限りビデオ通話などを用いるなど、それぞれに適したコミュニケーション媒体を選択することが大切だ。

また、あなたの言っていることが全て伝わるように、相手の言っていることに全て耳を傾けて理解しようと努めるべきだ。コミュニケーションは互いがバランス良く話を聞くことで成り立つことを忘れてはならない。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,会話雑談力の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会