話し方教室東京 コラム-子供と健全なコミュニケーションをとるコツ!

具体的な質問をして、子供が話しやすい雰囲気を作る

コミュニケーションは、子どもの精神的発達と認知的発達の両面で大きな影響を及ぼす。健全なコミュニケーションは、安心感を生みだすとも考えられているが、どのようにしたら良いのか、その方法をVOIが記事で紹介している。

スムーズにコミュニケーションを進めるには、より具体的な質問を投げかけて、子どもが話しやすい雰囲気を作ることが大切だ。例えば「あなたの絵は素晴らしいよ。どうやってそれを描いたの?」などとすると、より積極的に話してくれるようになるだろう。

子供は間違えるもの、自らの感情を認識できずコントロールできないもの

また、子どもは間違えることを前提に話す。イライラせずに、間違いを解決するための方法を教えてあげると良い。

多くの子どもは自分の気持ちを認識できておらず、言語能力も高くないため、感情をうまく表現することができない。ただ、その感情を認識させることで、癇癪を最小限に抑えることが可能だ。

怒り・幸せ・退屈などといった感情をうまく認識してコントロールできるように、どういったものがあるのか教えてあげることも大切だと言える。

■ 記事関連・話し方講座/親の会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会