話し方教室東京 コラム-職業人は「EQ」を始めとしたソフトスキルを伸ばせ!

近年、ビジネスパーソンに求められる能力とは?

「メディア アップデート」では、ビジネスにおいて最重要かつ不可欠なスキルは「ソフトスキル」であると伝えている。

「ソフトスキル」とは、「感情知能(EQ)」「パブリックスピーキング能力」「適応性」「計画性」「創造的・批判的思考」など、内面的な性質に根づいたスキルと定義される。

これらが、近年、ビジネスパーソンに求められる能力である。ただし、人間性に焦点をあてた能力であるため、定性的で明確な評価基準が存在しないため、評価しにくい。

EQ(エモーショナルインテリジェンス)は経験と鍛錬で伸ばす

ソフトスキルは「スキルセット(職務を果たすうえで必要な個人の知識・技術・能力・経験などの組み合わせ)」に含まれ、教えられて習得するというよりも、経験と鍛錬で伸ばすものとなる。

なお、スキルセットに含まれるライティング、リサーチ、コンピュータなどの知識・技術的スキルは、教えられて習得する能力である。

例えば、「感情知能・エモーショナルインテリジェンス(EQ)」は「自己認識」「共感」「思いやり」であり、自己の感情を正しく認識したうえで、他人の感情を読みとって即座に対応するスキルとされる。相手の立場になって考えるなど円滑なコミュニケーションや良好な人間関係の構成において欠かせないスキルである。

また、感情知能に優れた人は、「スルースキル」や「鈍感力」が高く、心無い言葉を上手に受け流し、批判を受けてもストレスにしない。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会