話し方教室東京 コラム-薬剤師チームは医師と患者の架け橋、コミュニケーションスキルが重要!

薬局の医療過誤の原因の多くはコミュニケーションにある

ファーマシータイムズでは、薬剤師の効果的なコミュニケーションのポイントをアドバイスしている。

薬剤師チームは、医師(医療機関)と患者の架け橋となる存在であり、コミュニケーションが重要なスキルとされている。どちらとも信頼関係を構築する必要があり、それが結果的に患者の体験、または健康を向上させることにつながるからだ。

薬局チームは、メンバー間の良好な関係を構築するためにもコミュニケーションが重要だ。ある医療過誤の調査では、約66%がチームコミュニケーションに根本的な原因があると発表している。

良好な関係はそれぞれの能力に合わせてタスクを振り分けることができ、責任をもって行ってもらうことで、適切なメッセージの送受信が可能になる。

それが、より高度な知識とスキルを最適化することになり、質の高いサービスにつながる。

薬剤師は患者の非言語コミュニケーションを読み取り、効率よく対応すること

薬剤師チームは患者に対しては、患者に投薬に関する質問や経済的負担などあらゆる側面でのサポートする。ここでは、非言語コミュニケーションを読み取るスキルが必要だ。

患者は多くのことを知りたいが、薬局は列が並ぶことがあり、ほかの患者を長く待たせるわけにはいかない。

そのとき、ヒアリングを行いながら、患者の考えや不安、疑問などの気持ちを表情や声のトーン、ジェスチャーなどから読み取り理解することで、患者のニーズに対応し効率よく回答できるという。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会