話し方教室東京 コラム-コミュニケーションスキルを学生時代に習得させよ!

学生のうちからコミュニケーションを訓練することが大事

「エデュグラフ」では、コミュニケーションなどのソフトスキルは学業中に習得することで、将来的にビジネスに求められる人材になるというインドの学校長のアドバイスを掲載している。

効果的なコミュニケーションというのは、誰が、あるいは何が正しいかを伝えることではなく、相手の話を聞くこと、吸収すること、そして適切に会話の終止符を打つことという作業を組み合わせることだと学校長は述べている。

学生のうちからコミュニケーションできる環境を作ることで、互いを理解し合い、人格の形成もサポートされるため、将来的にビジネスの現場でも貴重な人材となり得る。そこで、ソフトスキルを習得する方法をアドバイスしている。

チームディスカッションで発言する、聞く、理解する、関係を構築する

それはチームディスカッションだ。目的を実現するための戦略立案と共同作業を実際にしてもらい、パズル(プロジェクト)を解いていくために互いを恐れることなく発言し、アイデアを出し合う環境を作る。

生徒たちはそれぞれのアイデアを聞き、理解することで様々な観点を学ぶことができる。そしてそれらの意見と、誰もが個々に持つ知識や経験から得られるアイデアを、どのように調整できるかを考えてもらう。

チーム内で対立したときは、正直になること。コミュニケーションが明確でなく気持ちが伝わらなければ、不信感を招き解決につながらない可能性がある。有効な関係構築のための努力をすることで、より良い職場文化を形成することができる。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会