話し方教室東京 コラム-人はコミュニケーションによる感情的繋がりを通じて信頼を得る!

コミュニケーションの目的とは何か

「ザ ジェナードメソッド」では、コミュニケーションを図る目的は相手と感情的に繋がることである、感情的繋がりを通じて理解や信頼が得られると説明している。

コミュニケーションにおいて感情表現は重要であり、話し手や書き手が自身の感情を込めながら伝えることにより、聞き手や読み手に対して強い影響を与えられるという。

コミュニケーションを通じての円滑な人間関係構築には「感情的繋がり」がカギ

単調で機械的に話した場合、気持ちのない口調や無感情な話し方となり、話し手の感情は聞き手に対して伝わらない。そこには話し手の感情は込められず、聞き手の興味・関心、理解、共感、信頼・信用は得られない。

つまり、コミュニケーションを通じて円滑で良好な人間関係を構築し、関係性を強化するには、話し手と聞き手、書き手と読み手における感情的繋がりが求められる。

そこで、話し手や書き手は、「感情知能(EQ)」が重視される。「感情知能」とは、自己および他者の感情を理解・認識し、感情を抑制・調整する能力と定義される。感情知能が高い人は、自己の感情を認識したうえでコントロールすること、他者の感情を読み取って即座に対応することに長けているという。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓