会話・雑談力の話し方教室-怒鳴ることなく親子の良質なコミュニケーションを確立する方法!

親は子供を怒鳴る前に、ルールと境界線を明示すべき

親は大人であり、家庭内で落ち着きとルールを維持するための適切な方法を示す必要がある。

それは怒鳴ることではなく、良質なコミュニケーションを通じて行われるべきだとして、親子の良質なコミュニケーションを確立する方法を、ハリタ・パティル氏が「スクールマイキッズ」の記事で紹介している。

怒鳴ったり、しつこく言ったりするのは、子どもが反発して逆効果になってしまう。そのため、親として取るべき最初のステップは明確なルールと、良いことと悪いことの境界線をリストにして、子どもに明示しておくことだ。

ルールやその境界線が破られた場合に、何をするのかも示しておくと良い。

10代の子供には、しつこく言い聞かせるよりも自立を促す

上記のルールが守られた場合には、しっかりと褒めて、いつも以上に外出時間を増やすなどのご褒美を与えることで、子どものモチベーションを高めることができる。

特に10代の子どもは自分が成長したと感じているため、しつこく言い聞かせることは避け、各自で日々の決定を下せるように自立を促すと良いだろう。

自分で自由に決定できる環境下に置かれたときに、10代の子どもは積極的に行動するようになるからだ。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓