会話・雑談力の話し方教室-パートナーとのコミュニケーションを改善する「聞く」ポイント!

ただ単に話を聞くのではなく、相手の立場に立って「聞く」・「話す」こと

パートナーとのコミュニケーションに限らず、誰かが話しているときに相手の話に注意を払わず、言葉やボディーランゲージから得られる情報を聞き逃していることがある。そこで、パートナーとのコミュニケーションを「聞くこと」で改善する方法を「ジィーニュース」が記事にしているので紹介しよう。

パートナーとのコミュニケーションにおいては、ただ単に話を聞くのではなく、相手の立場に立って「聞く」・「話す」ことで、より関係性を深められる可能性がある。

また、スマートフォンなどの気が散るものを周りから排除し、ボディーランゲージにもしっかりと気を配ることで、相手の言いたいことや思っていることを読み取ることが大切だ。

相手の話している内容だけではなく、その気持ちも尊重すること

パートナーの思っていることなどを、推測して話してしまうと相手を怒らせる原因にもなりかねない。そのため相手の話していることだけでなく、その気持ちも尊重して話す必要がある。

また、相手の話をしっかりと聞いて理解していることを示すために、言い換えて確認することも効果的だ。自分の考えを主張したり、押し付けたりせず、感情を抑えて相手の話に反応すると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓