話し方教室グローバル「ビジネスを成功させる従業員とのコミュニケーションの取り方とは?」

定期的にコミュニケーションを取り、一貫したメッセージを伝える

顧客との深いつながりと同様に、会社の成功に欠かせないのが従業員とのコミュニケーションだ。ソーシャルメディアなどのツールなども充実している現代において、如何にしてより良いコミュニケーションをとっていくのか、アジ・バト氏がクエスチョンプロの7月30日の記事で紹介した。

従業員と定期的なコミュニケーションをして、仕事に対する役割の重要性を認識してもらうことで、よりポジティブに会社へ貢献してもらえるようになる。会社として何がしてほしいのか、首尾一貫したメッセージの伝達が大切だ。

様々なチャンネルを設け、オープンに話せる関係づくりを

また、互いに不安や気になる部分を伝えたり、フィードバックをしたりすることで、より関係性を深めることが可能。こういったことを当たり前にできる環境になれば、いつでもアイデアや考えを気兼ねなくシェアできるようになっていく。

また、従業員とつながりを持てるように、様々なチャンネルを設けると良い。それぞれ従業員は違いがあるため、意見調査などを行い個性などを理解した上で、アプローチをかけることも重要だと言える。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/社内コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会