話し方コラム|エンジニアに求められるスキルは、コミュニケーションスキル!

エンジニアに必要なスキルとは何か

「ザ・エンジニア」では、エンジニアに求められるスキルについて掲載している。エンジニアは技術職であり、テクニカルスキルが何よりも優先されると捉えがちだが、実はそれ以外にも多くのスキルが求められている(2018/10/17)。

オーストラリアで最も需要が伸びるとされている分野はエンジニアであり、熟練した専門家の数は、2017年で54,400人、2022年には65,600人になると推定されている。競争の激しい市場で生き残るには、特定のスキルが求められる。

エンジニアには伝える力・コミュニケーションスキルが必須

その「特定のスキル」のひとつがコミュニケーションスキルだ。建設や技術の分野は同僚やクライアントとのコミュニケーションが不可欠であり、それぞれに明確に「伝える能力」が必要だ。

プロジェクトにかかわるすべての人が同じ技術・知識を持っているわけではないので、専門用語をできるだけ使用せず、あるいは分かりやすく表現できなければならない。就職や転職の際も、雇用側への伝え方がポイントになる。

チームワーク、コラボレーションの「対人関係スキル」も欠かせない

様々な分野のチームが集結するエンジニアリングの分野では、チームワーク、対人関係、問題解決へのコラボレーションも欠かせない。

さらにクリティカルで創造的な思考は、すべてのトップ・エンジニアが習得しなければならないと述べている。プロジェクト戦略、予想外の問題に直面したときの代替案など、クリエイティブな考え方が求められるからだ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュースコラム・スタッフ委員会