話し方教室東京 コラム-会社の生産性を高める社内コミュニケーション改善!

コミュニケーションの透明性を維持すること

従業員とのコミュニケーションをしっかり行うことが、会社として成功する1つのカギとなる。ツールやチャンネルの質は改善しつつあるものの、会社の生産性を高めるためにはコミュニケーションの方法を変化させることが必要だとして、ブラジャ・ディーポン・ロイ氏がヴァンテージサークルの記事で紹介している。

対面でコミュニケーションを行うよりもリモートワークのほうが、様々な面で透明性が欠けてしまう。そのため意思決定や戦略的計画などについて隠すことなく、経営陣と従業員の間で透明性を維持する必要がある。そうすることで混乱や誤解を生むリスクを減らすことができるだろう。

また、「私たち」という言葉を用いてコミュニケーションをすることで、より双方向の会話をすることが可能だ。

リモートワーカーとのコミュニケーションは方法を決めて適切な言葉使いを

リモートワーカーは自宅で仕事しているが、仕事はプロフェッショナルなものでなければならない。従業員と経営陣の双方がコミュニケーションをとる際に、いつも通り適切な言葉遣いをするべきだ。

また、会社はリモートワーカーにとって何がうまく機能していて、何が機能していないのか把握するため、コミュニケーションの機会を設ける必要がある。コミュニケーションの方法をしっかりと決めておくことも重要だ。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会