話し方教室コラム-採用の面接試験では「良いコミュニケーター」であることを伝える

面接時にコミュニケーションスタイルとスキルをアピールする

雇用主は電話やメールなどといった様々なツールで、優れたコミュニケーションがとれる人材を探しており、面接ではコミュニケーションスタイルとスキルの高さを見極めようとしている。そういったことを認識して、面接官が面接でする質問にどのような応答をしたら良いのか、マット・クラムリー氏がフレックスジョブズの記事で紹介している。

特にリモートワーカーは、「どのような方法でコミュニケーションをとっていけますか?」と聞かれることが多い。その場合は、様々な方法で柔軟に対応でき、順応性もあることを示すと良い。

例えば、「相手が使用するコミュニケーション・ツールに合わせて、私は積極的にコミュニケーションをとろうとします。」など具体的に答えると、より大きなアピールとなる。

良いコミュニケーターである、またはその努力をしていることを伝える

面接官は、会社のチームに適したコミュニケーターかどうか評価を行うため、「あなたのコミュニケーションスタイルを教えてください。」と聞くこともある。

あなたがオープンなコミュニケーターだと思うのであれば、自信を持ってそれを伝えるべきだ。一方で、優れたリスナーではあるが、自身の感情やアイデアを言語化することが苦手ならば、それもはっきりと言うと良い。短所を認識・改善し、より良いコミュニケーションをとろうとする姿勢なども評価対象になるからだ。

■ 記事関連・話し方講座/職業人必須の2大コミュニケーション能力開発コース

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院/コミュニケーションスキル/話し方コラム・スタッフ委員会 提供