話し方講座コラム-組織変革を成功させるリーダーシップ・コミュニケーションとは?

組織変革をうむリーダーシップとは?

多くの組織が、変化や変革の必要性を感じてはいるものの、実際にはなかなか実行に移せないでいる。とりあえずはまとまっている形を変化させることは、最大かつ複雑なタスクではあろう。ただそこから一歩踏み出して変革を実践することは、組織のステップアップにつながる。

変革の背後で糸を引くのは、リーダーシップを取るリーダーである。トレーニング・ジャーナルイに変革を成功させるには、停滞したリーダーシップを変える組織全体を動員したコラボレーションが必要だと記されている。

組織に影響力をもつ多くの人を巻き込む

変革を達成させるためには、マネージャーやリーダーの称号を持たなくても、組織に影響力のある幅広い人々を巻き込むと良い。リーダーシップは、多くの分野からもたらされる必要があると言う。

そして組織の一人一人が、タスクの裁量や実行、そして責任を自分で背負うといった全権意識を持つことで成功につながる。

コミュニケーションでコラボレーションとチームワークを促進

それから、厳格なトップダウン方式ではないアプローチを取り入れる。大切なのは、コラボレーションとチームワークを促進することである。目標を達成するには、タスクのスケジュール管理をするためにマイルストーンを作成し、進捗状況を随時チェックするという組織内のコミュニケーションが不可欠である。

変革を成功させるにはリーダーシップを取るリーダー達が、スタッフ全員のスキルやアイデア、モチベーションを把握して、目に見えるロールモデリングで明確な方向性を示して、コミュニケーションを取っていかなければならない。

リーダーは、小さなことでも常に組織内を継続的に改善していき、スタッフがその変化をスムーズに受け入れて学んでいけるような土壌を作り出す努力が必要なのである。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院/リーダー,リーダーシップ/話し方コラム・スタッフ委員会