話し方コラム-優れたリーダーになるにはコミュニケーションスキルが必須!

リーダーはオープンコミュニケーションで建設的な会話を

人によっては、リーダーシップの資質が明らかで、自然に身についている人もいる。ただ、役職に就いているからといって、優れたリーダーであるかどうかは疑問だ。しっかりとしたコミュニケーション・スキルを持っていることが、リーダーの一つの要素だとして、ジェイミー・ デュリスコ氏がヴィングの記事で紹介している。

まず、リーダーであるならば、正直に透明性のある対応や、情報共有を行う必要がある。そうすることで、従業員から信頼が得られ、オープンなコミュニケーションができるようになる。会話をするときはネガティブな言葉やフレーズを使わないようにしたい。ポジティブであり続けることで、建設的な会話が可能だ。

リーダーは従業員が自由に発言できるは職場環境づくりを

リーダーは、従業員が気兼ねなく発言できる職場環境の構築をするべきだ。情報を積極的に共有できる職場環境にすれば、おのずとお互いのコミュニケーションも改善されていく。

また、会話をする際は、難しい言葉や厳しい声のトーンを用いる必要はない。最も重要なことは、相手にインパクトを与えて、話した内容が理解されているかどうかである。このように、全員が同じ目標に向かって仕事をしていると認識させ、誰とでも自由にコミュニケーションがとれるようにする工夫を考えるべきだ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方コラム・スタッフ委員会