話し方教室コラム-部下との率直で、こまめなコミュニケーションでチーム作りを!

マネージャーは従業員とこまめなコミュニケーションを行う

マネージャーが部下に期待をかけるとき、回りの同僚とのバランスを考慮する必要がある。フォーブスは、同僚との関係を維持しながら部下にアプローチする正しい方法と、そのプロセスについて専門家たちの意見をまとめている。

まずは部下それぞれのスキルを設定すること。従業員は各々能力が異なるため、1つの管理スタイルが適合するわけではない。新しいプロジェクトを開始するときは、方向性や任せる程度を話し合い、役割を明確にさせる。従業員の目標、ゴールの設定に合わせることも大切だ。

それぞれの役割に対し説明する責任を与え、こまめなコミュニケーションを行う。従業員に期待する内容を継続的に話し合う、必要であればサポートするなど、オープンな関係を維持する。

率直なコミュニケーションで信頼関係を築く

従業員との率直で正直な対話は、コミットメントやエンゲージメントを高める。またコミュニケーションで聞き返すこと。相手が理解したか、聞き逃したかを確かめることで、信頼関係を維持できる。

評価に対し公平であるために、標準や基準を設けるのではなく、個人・企業の目標に視点を合わせる。チームリーダーとして、部下への期待を態度でアプローチするのではなく、業務に関与させやる気を促すことなどをアドバイスしている。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院/リーダーシップ・コミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会