話し方教室東京 コラム-リモートワークに合わせたリーダーシップの革新を!

リモートワークを指示するリーダーのリーダーシップとは?

現在は、世界中の企業がリモートワークを取り入れざるを得ない状況である。

しかし会社に出勤したリーダーがリモートのスタッフに指示するか、またはリーダー自身もリモートワークをするかに関係なく、毎日顔を見ない人をリードするのは、今まで通りのリーダーシップではうまくいかない。

リモートワークを指示するリーダーは、独自のスキルが必要であるとビジネスニュースデイリーでは述べている。それは一体何であろうか。

リーダーは率先して、積極的なコミュニケーションを取る覚悟を

画面の中からやり取りするリモートワーカーのリーダーは、従来のオフィス環境で顔を合わせている以上に、積極的なコミュニケーションが不可欠であると言う。

スタッフからの質問を待ったり、ずいぶん先の会議を予定したりするのではなく、アイディアが生まれたり逆に課題が生じたりした時すぐに、率先して連絡を取らないとならない。

だからリーダーは定期的に個別のミーティングを開いて、具体的に質問に対処し積極的にコミュニケーションを取るようにする。

またガイドラインを設定して、すべてのチームメンバーがメール、電話、ビデオなどのコミュニケーション方法を利用するようにする。そうすることで、よりオープンな管理プロセスが構築できるのである。

リモートワークでチームを管理するには、リーダーは相当な努力を覚悟しなければならない。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会