話し方教室東京 コラム-シンプルなコミュニケーションで職場をまとめる!

社内コミュニケーションは、上だけでなく下にも流れるように

リモートワークが増え、労働力の分散化が進む中、リーダーはどのようにまとめたらよいだろうか。フォーブスでは、組織の文化を改善するシンプルなコミュニケーションという内容の記事を掲載している。

記事の中では、それぞれの部門のリーダーが内部コミュニケーションを優先し、社員からのフィードバックプログラムとしてシステムを構築する、幹部からの意見を収集することなどが書かれている。

その中で、上司と部下のコミュニケーションについてのアドバイスがある。それによると、組織や企業は常に上に指示を仰ぐ傾向にあるため、上を見ても下を見なくなることがある。つまり、従業員の声を聞かなくなるということにつながる。

上司は応答の早い部下を評価しがちだが、それ以外の部下を軽視しないこと

また、リーダーは積極的な社員を優先しがちだが、応答が早い人よりも、じっくりと話を聞いてから回答する人の理解力を軽視してはいけないとアドバイスしている。時間や期間を設けて回答を得ることは悪いことではない。

社内の上下関係にあるコミュニケーションを改善していくことは、従業員が同じ場所にいなくても、よりより企業文化を醸成し利益につながるとしている。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会