話し方教室東京 コラム-顧客とのコミュニケーションを効果的に行う!

顧客が求めているものを知るには忍耐が必要

コミュニケーションを効率的かつ効果的に行うことは、個人または企業との関係を維持するためのカギとなる。例えば、電話などで問題が伝えられたら、解決に向けて尽力することで、顧客満足度の向上につながる。では、どのように顧客とのビジネスにおけるコミュニケーションの効率化を行っていくのか、ミディアムが記事で紹介している。

ビジネスでは顧客対応を行うスタッフが、電話やチャットで直接やりとりをする習慣を身に付け、顧客ニーズを満たす機会を逃さないことが大切だ。

顧客が求めているものが何なのか知る必要がある。そのためには何度も質問されても、忍耐強く回答すると良い。顧客は何度も電話をかけて分からないことを聞くこともあるが、ここで忍耐力がない場合は顧客を失うことにつながってしまうだろう。

顧客を待たせないで迅速に対応、今分かっていることと今後の対応を説明する

顧客が製品やサービスについて何らかの問い合わせを行った際には、迅速に対応するほか、それまでに分かっていることや状況を全て説明すると良い。

また、その後の対応がどのようになっていくのかも伝えて、長く待たせないことが大切だ。顧客に随時情報が伝わらないと、不満につながってしまうと言える。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方講座・総合案内/ビジネス話し方教室(東京)・目的別 話し方講座 一覧

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会