話し方教室東京 コラム-リモートワークのコミュニケーションのあり方を改善する!

メッセージを明確に伝える言葉選びを

多くの人がリモートワークで業務にあたっていることで、効果的なコミュニケーションがますます重要になってきている。ではどのようにして、コミュニケーションのあり方を改善していくのか、その方法をデイリーリリースが記事で紹介している。

オンラインのコミュニケーションツールなどによって、これまでになく簡単に同僚とコミュニケーションがとれる。しかし、相手があなたの言おうとしていることを理解できているのか、その確認が難しくなっている。そのため、言葉を慎重に選んで、メッセージをより明確に伝えることが大切だ。

また、同僚からメッセージを受けとった場合は、すばやく対応するべきだ。メッセージを受けとったと伝えるだけのメッセージを送るだけでも、相手の時間を尊重していると示すことができるだろう。

いつ、どのように、どんなツールでコミュニケーションをとるか決めておく

いつどのようにコミュニケーションをとるのか、同僚やマネージャーと話し合って決めておくことで、コミュニケーションに対するストレスを軽減できるほか、勝手な推測などもなくなる。

また、コミュニケーションをするトピックスの重要度に合わせて、使用するツールを決めておくと良い。簡単な質問をする場合はチャットメッセージ、何かを掘り下げて同僚と意見交換を行う場合はビデオ通話など適切なツールを設定しておくことで、効率的にコミュニケーションをとることができるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方講座・総合案内/ビジネス話し方教室(東京)・目的別 話し方講座 一覧

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会