会話・雑談力の話し方教室(東京)-仕事やプライベートで優れた話し手・聞き手になる!

会話ではアクティブリスニングを、他人のコミュニケーションを観察して参考に

私たちは毎日、仕事やプライベートでコミュニケーションをしている。ているが、全員が優れたコミュニケーターであるわけではない。そこでメンタルフロスが、優れたコミュニケーターになるための幾つかのポイントを記事で紹介している。
アクティブリスニングは優れたコミュニケーターの基礎であり、相手の言っていることを確実に理解してから会話に臨むため、効果的な対応が可能となっている。ボディランゲージにも注意を払うことで、相手がどのようなことを思っているのかも分かる。

また、ネットワーキングイベントやパーティーで、どういった振る舞いをすれば良いのか不安がある場合は、ほかの人がどのようなコミュニケーションをしているのか、観察・確認することでヒントを得ることもできるだろう。

会話ではリラックスして、自信があるように伝えること

コミュニケーションをとるときは、自信がなくても相手に自信があるかのように伝えることが大切だ。例えば「評価する」「管理する」「アドバイスする」などの説明的な動詞と、行動を促進する強力な動詞を使うべきだ。

また、重要な会話やストレスの多い会話では自己認識をすることが求められ、リラックスして通常と変わらないように話せると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会