話し方教室東京 コラム-リモートワークのビジネスコミュニケーションで注意すべきこと!

ミーティングでは傾聴し、誰もがオープンに話せるようにする

多くの人がリモートワークをするようになったが、時間をかけて変更点などを周知し、これまでの仕事を進められるようにしなければならない。そういった意味でコミュニケーションは重要なものとなる。そこで、リスタートが記事で如何にして効率的なコミュニケーションを維持していくのか、その方法を紹介している。

リモートワークでは、ほかの人が言うことを理解するのが難しくなるため、アクティブリスニングがこれまで以上に求められる。焦らず相手の話に耳を傾けることで、要点をつかむことができ、会話がスムーズに進んでいくと言える。

また、ミーティングは誰もが話せたり、デモンストレーションできるようにしたりして、オープンな環境で行うと良い。エンゲージメントを高め、集中力などを切らさない工夫が求められる。

ユーモアを交えて話し、批判的な意見も建設的な会話になるよう心がける

リモートワークにおいてコミュニケーションをする場合は、ツールなどを利用するが、会話する相手はロボットではなく、人間であるということを忘れてはならない。個人的な話やユーモアを挟んだりすることで、信頼関係を深めることができるだろう。

また、仕事では批判的な意見をしなければならない場合があるが、相手に敬意を払って建設的な会話を心がける必要がある。攻撃的なフィードバックではなく、アドバイスなどで励ますことを考えてコミュニケーションをとることが大切だ。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方講座・総合案内/ビジネス話し方教室(東京)・目的別 話し方講座 一覧

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会