話し方教室東京 コラム-大学生のオンライン学習に役立つコミュニケーションスキル

オンラインでは発言のタイミングに気をつけ、礼儀正しい話し方で

欧米では9月から大学の新学期が始まっているが、オンライン授業を展開している学校が多い。そこでグラマリーでは、Zoomなどを用いたオンライン学習において役立つコミュニケーション方法をいくつか紹介している。

Zoomなどを用いてチャットやビデオ通話をするときは、ボディーランゲージが相手に見えるわけではないため、発言したり、メッセージを送信したりするタイミングに気をつけ、礼儀正しい口調で話す必要がある。

フィードバックを求める場合は、その理由と知りたいことなどを具体的に示し、自身の何が悪かったのかなどネガティブな質問はしないことが重要だ。非建設的なフィードバックをする場合は、冷静になれる時間を設けてから話すと良い。

学生はオンライン学習では積極的に教授とコミュニケーションを

オンライン学習では遠隔で行われているため、全ての物事が計画的に進むとは限らない。そのため積極的に教授と連絡をとり、問題があれば協力して解決策を見つけるべきだ。

例えば、「〜について苦労していて〜の期限に間に合いそうもありません。期限の変更など、できることについて話すために通話することはできますか?」などと、コミュニケーションを始めると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/職業人必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/オンラインコミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会 提供