話し方教室東京 コラム-在宅勤務のコミュニケーションで気を付けること!

在宅勤務のコミュニケーションではビデオ通話を優先する

在宅勤務ではチームメンバーとSlackやZoomを用いて、コミュニケーションをとることになる。しかし、物理的な接点がないため、よりコミュニケーションスキルを磨く必要がある。そこで、パワン・クマー氏がスライブ・グローバルの記事で、在宅勤務中でもできるコミュニケーションスキルの改善ポイントを紹介している。

コミュニケーションをとるためには、テキストやメッセージなど様々なツールがあるがビデオ通話を優先して使用すると良い。オンラインでも相手の顔を見てコミュニケーションをすることで、実際に職場で会話しているように感じることができ、アイデアをより明確に伝えることが可能だ。

チームメンバーの勤務時間内にコミュニケーションを取り、プライベートに配慮する

在宅勤務をしているとチームメンバーであっても異なる勤務時間になっている場合がある。そのためコミュニケーションをとるならチームメンバーの勤務時間内に行い、プライベートの時間を尊重しなければならない。

会議のスケジュールやフィードバックをするタイミング、レポートの要求などをする時間をしっかりとスケジュールしてアプローチすると良い。

■ 記事関連・話し方講座/職業人必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/リモートコミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会 提供