話し方教室東京 コラム-リモートチームの効率的コミュニケーションを実現する!

1対1のコミュニケーションも設け、オフラインの時間は尊重すること

会社のマネージャーはリモートチームが孤立感を抱かずに、快適に作業できるようにしなければならない。そこで、いかにしてリモートでありながら効率的なコミュニケーションを実現するのか、いくつかのポイントをルイズ・キャンベル氏が、ヒューマンリソーセズヘッドクオーターズの記事で紹介している。

リモートチームとはオンラインでつながってコミュニケーションをとることができるが、仕事とプライベートをしっかりと分けなければならない。相手のオフラインの時間は尊重するように心がけると良い。

また、1対1で会話できる時間を設けて、リモートチームが感じていることや考えを確認することも大切だ。

リーダーはオープンなフィードバックの受け入れ環境構築を

緊急や、通常など、メッセージの重要度に応じて、優先するコミュニケーション・プラットフォームを決定しておくことで、スムーズにアプローチがかけられるようになる。

また、オープンなフィードバックを受け入れる環境の構築をすることで、リモートチームが仕事にしっかりと関わっていると感じさせられる。彼らの声が大切だと知らせると、口をあまり開かない人からも貴重なアイデアなどが得られる可能性がある。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会