話し方教室東京 コラム-ビジネスコミュニケーションのための話し方・聞き方のスキル!

相手の聞きたいことを把握することがコミュニケーションでは大事

コミュニケーションとは、明確かつ説得力のある方法で情報を伝えることである。常に短く分かりやすいものがコミュニケーションとして成功を収めると言える。

ではいかにして簡潔かつ明確なコミュニケーションを実現していくのか、そのシンプルな方法をアニーク・シンプソン氏がローレンス・ラーガン・コミュニケーションズ社の記事で紹介している。

相手が聞きたいことを知らなければ、コミュニケーションで話す内容も決められない。そのため職場では同僚などと時間を共に過ごして質問などをして、興味のあることや日頃話していることなどを把握することが大切だ。

利害関係者には何をすれば、どんな結果が得られるのかを伝えて説得する

利害関係者とコミュニケーションをする場合、あなたが行うことのプロセスなどを気にする人はいないため、詳細にわたって説明する必要はない。

その代わり何をしようとしていて、どのような結果が得られるのかを明確に示すことが大切だ。何かを行動に移す理由やどれくらい時間がかかるのかなどといった計画内容について、ポイントを絞って話すと良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事に必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会