話し方教室東京 コラム-すぐに実践したいリーダーシップコミュニケーション!

リーダーは礼儀正しくオープンなコミュニケーションを

会社のリーダーからの重要なメッセージは、従業員にしっかりと伝わらなければ意味がない。そこでアンソロジー・ボイド氏がバッドブッディズムの記事において、すぐに実践できる明確で直接的なコミュニケーション方法を紹介している。

リーダーとして上に立つ人間であっても、コミュニケーションにおいて「優れているかどうか」は関係がない。したがって互いに尊重し合ってコミュニケーションをとるべきだ。従業員がそのトピックを話す準備がまだできていないようなら、時間をあけてから受容性が高まった際に再度コミュニケーションをとるのが良いだろう。

しっかりと相手の言葉に最後まで耳を傾けて、礼儀正しくオープンなコミュニケーションができる環境を作ることが大切だ。

対面でも、非対面でも、コミュニケーションが一方通行にならないよう注意する

直接的なコミュニケーションをとるには、ランチや会議のときなどに対面して行うと、より相手にメッセージが伝わりやすくなる。

どうしても対面してコミュニケーションがとれない場合は、テキストメッセージなどで会話が一方的にならないように電話をすると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会