あがり症克服の話し方教室(東京)-人前で話す不安を和らげ、スピーチがうまくなる秘訣!

情熱を注いでいることについて話すことで、スピーチの負担が軽減

ある調査で全体の75%の人が人前で話すことに不安を感じるとされているが、幾つかのポイントに気をつけることで、この不安を和らげられ、うまく人前で話すことができるようになる。

ではどのようにしたら良いのか、そのポイントを「スピーキング スクールズ オーストラレーシア」が記事で紹介している。

まず、情熱を注いでいることを話すトピックとして選ぶことで、それについて話したいという思いが強くなり、話すまでのプロセスの負担が軽減されるほか、より生き生きと話すことが可能になる。

聞き手を知る、練習を繰り返す、フィードバックを受け取りスピーチを改善

また、聞き手のことを知っておき、ステージなどに上がれば緊張やストレスの軽減にもつながる。聞き手の視点に立って話の内容を構成できるなどの利点もあるだろう。

さらに、練習を重ねておくことで、聞き手が聞きたいと思える内容に改善していくことも可能で、トピックについてより理解を深められ、ステージに上がる際の不安やストレスを軽減させられる。

スピーチについてのフィードバックに注意深く耳を傾けて、次の話す機会に活かすことも大切だ。建設的な批判などから、自身の欠点などを発見し、話し方の改善などにもつなげられるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,あがり症克服の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会