話し方教室東京 コラム-全ての分野で重要なコミュニケーションスキルを改善せよ!

スピーチや会話を録音して話し方を改善する

現場作業だけでなく、ビデオ通話での会議などでも、全ての分野においてコミュニケーションは欠かせず、非常に重要なことの一つに位置づけられている。

そこで、コミュニケーションのあり方を改善するにはどのようにしたら良いのかを「インディード」が記事で紹介している。

コミュニケーションのあり方を改善するには、スピーチや会話をしているときに、録音をして記録すると良いという。話し方などの確認ができ、改善点などの発見につなげられるからだ。

会話ではアクティブリスニングをしながら、相手を観察し対応する

また、ほかの人とのコミュニケーションを成功させるには、しっかりと聞いて応答する能力も求められる。つまり、アクティブリスニングを行うことである。

その際に、相手の言語的・非言語的な部分に注意を払うことが大切だ。相手が同意しているのか、それとも混乱しているのか、それらを把握して対応することがのぞましい。

さらに、定期的にコミュニケーションを取り、相手がしっかりとその内容を理解しているのか確認することも忘れてはならない。そうすることで複雑なトピックでも、全員がそれを理解できるようになるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会