話し方教室東京 コラム-顧客とより効果的にコミュニケーションを取る秘訣!

顧客の要求と背景を把握してから話を進める

顧客のニーズとタイムリーなサービスを提供することが、あらゆるビジネスにとっての目標の一つである。そのためには顧客サポート部門で、適切にコミュニケーションを取り、新しいリードを生成したり、信頼関係を構築したりすることが求められる。

では、どのようにしたら顧客とより効果的なコミュニケーションを取ることができるのか、その方法をアビナヤ・アランガラジャン氏が「スタートアップ トーキー」の記事で紹介している。

顧客に対し、販売に向けたアプローチをする前にどのような要求や希望があるのか、それにはどういった背景があるのかなどを把握することで、より効果的に話が進められる。

アクティブリスニングで顧客の問題を見極め、ポジティブな話し方で解決策を語る

アクティブリスニングによって顧客の問題を会話の中で見極め、それを解決できるように努める姿勢を維持することが大切だ。話の本質が見えなくとも、最後まで話を遮らず聞くことで、サービスの改善などにつながるものが見つけられるだろう。

また、顧客に感想や意見を求めることで、どんなサービスや製品などを必要としているのか把握できる。ポジティブな話し方をして、問題などの解決をする能力や熱意があると示すことも大切である。

また、フレンドリーでポジティブなトーンで話すことにより、顧客があなたと快適にコミュニケーションが取れるようになるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会