話し方教室東京 コラム-スピーチやプレゼンテーションの際に気をつけたいポイント!

プレゼンテーションではスライドに目を向けすぎず、聞き手を見て話す

人前で話すことに慣れている人であっても相手に物事をうまく伝えることが難しかったり、伝えたい内容をしっかり構成できなかったりする。「エリス ストラテジーズ」が記事で、人前で話す際に気をつけておくべきポイントを幾つか述べているのでご紹介しよう。

プレゼンテーションでは、より効果的にメッセージを発信するためにスライドなどを使用するが、チャートやグラフはあなたの話を補完するものであると認識しておき、スライドに目を向け過ぎずに、相手に身体を向けて、話したいことを明確に伝えるべきだ。

自分の経験を物語を語るようにスピーチする、伝え方を工夫する

誰もがあなたの経験に基づいた物語や逸話に興味があり、より引き付けることが可能になる。その経験によって何を学び、その後にどうつなげたのか、そういったことを話の内容に盛り込むことで、相手がより理解を深めることができるだろう。

また、人前で話す際に重要なポイントは1度だけでなく、言い回しや単語を変えて何度も伝えることが大切だ。伝えたいことを明確にしておき、相手にどのようにしたら伝わるのか工夫が必要になる。

■ 記事関連・話し方講座/ワンランク上の話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会