話し方コラム|チームコミュニケーションを改善するシンプルな方法

話し方やスタイルの違いを理解すること

効率的なチームコミュニケーションを可能にするには、色々と難しそうなことが多くあるように思われる。しかし、会話が一方的にならずに、シンプルなことを実践するだけで、改善させられるとして、その秘訣をジェニファー・ ブリッジェズ氏が、プロジェクト・マネジャーの記事で紹介した(2018/10/15)。

まず、ほかの人とは自身の話し方やスタイルが違うということを認識し、相手のことも理解する姿勢が大切だ。そうすることで、間にあるギャップを埋めることができ、よりスムーズなコミュニケーションがとれるようになる。

チームメンバー同士で気軽に話せる関係構築を

態度が冷たいなど、ストレスフルな関係や環境の中で会話をしても、全く話が理解されず、自身も理解できないことが多い。そのため。まずは気軽に会話できる関係をつくることだ。会議なら自身と違う意見を持つ人の話にもしっかりと耳を傾けるなどして信頼関係をきずくことが大事だ。

また、コミュニケーションをとるときは、必ず共通の目的を持つと良い。仕事であれば目指すものについて、あらかじめ明確にしておくことで、周りがあなたの行動などを理解しやすくなる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/チームワーク/話し方教室国際ニュース・スタッフ委員会